バズ部が提供するWodPress無料テーマファイル「xeory_base」。

 

SEOに強く、シンプルでカスタマイズ性にも富んでいるのですが、デフォルトではカスタム投稿タイプ、カスタムタクソノミーには一部の機能が対応しきれていません。

 

タイトル取得メソッドである「get_bzb_title()」も対応できていない要素で、WordPress標準のカテゴリーのアーカイブタイトル(カテゴリー名)は取得できますが、カスタムタクソノミーのアーカイブタイトルは、本来ではタクソノミー名を取得したいところなのですが、アーカイブの中の一番新しい記事のタイトルが適用されてしまいます。

 

例えばタクソノミー名が「お知らせ」でお知らせ記事が何件か登録済みのアーカイブページで「get_bzb_title()」を走らせると、「お知らせ」ではなく「Hello World!」といった記事のタイトルが返ってきてしまいます。

 

この記事では、「get_bzb_title()」を走らせるとタクソノミー名を返すようなカスタマイズの方法をお伝えします。

 

FTP接続で該当ファイルを開く

まずは、自分のサーバー上のサイト構成ファイルの中から、カスタマイズを施す対象のテンプレートを開きましょう。

 

xeory_base/lib/functions」ディレクトリ下の「head.php」というファイルが今回のカスタマイズ対象テンプレートです。

 

FTPファイル転送の方法が知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

 

 

プログラムを追記する

プログラムを追記します。文字列検索で「function get_bzb_title(){」と検索すると、1件ヒットします。

 

この関数では、ページの種類によって個別にタイトル名を設定する条件分岐が記述されているのですが、デフォルトではカスタムタクソノミー用の条件文が存在していません。

 

条件文に以下の内容を追記します。

 

PHP

 

メソッド全体ではこのようになります。

 

get_bzb_title()

 

動作確認をする

カスタマイズが完了すると、カスタクタクソノミーのアーカイブページ上で「get_bzb_title()」を呼び出すと、タクソノミー名がタイトルとして返るようになっていますので、そのことを実際に確認してみましょう。

 

合わせて行いたいカスタマイズ

合わせて行いたいカスタマイズとして、カスタムタクソノミーページのパンくず表示を実現するための記事を紹介しておきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

おすすめの記事