バズ部が提供するWodPress無料テーマファイル「xeory_base」。

 

SEOに強く、シンプルでカスタマイズ性にも富んでいるのですが、デフォルトではカスタム投稿タイプに最適化されていないため、カスタム投稿タイプを作る際には注意が必要です。

 

xeoryシリーズといえば、こちらのメタタグボックスが標準の投稿機能にデフォルトで付いているおかげで、内部SEO対策ができるというのが強みの1つです。

 

 

しかし、このメタタグボックス、新しく追加したカスタム投稿タイプの入力欄にはデフォルトでは表示されません。

 

以下では、カスタム投稿タイプの入力欄にも、メタタグボックスを表示・設定ができるようにする方法をお伝えしていきます。

 

FTP接続で該当ファイルを開く

まずは、自分のサーバー上のサイト構成ファイルの中から、カスタマイズを施す対象のテンプレートを開きましょう。

 

「xeory_base/lib/functions」ディレクトリ下の「custom-fields.php」というファイルが今回のカスタマイズ対象テンプレートです。

 

FTPファイル転送の方法が知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

 

 

プログラムを追記する

プログラムを追記します。文字列検索で「function add_bzb_meta_tags() {」と検索すると、1件ヒットします。

 

この関数では、Xeoryシリーズのオリジナルカスタムフィールドであるメタボックスを「投稿」記事タイプに定義しています。

 

ここに、自分で作ったカスタム投稿タイプへの定義を追加します。

 

PHP

 

メソッド全体ではこのようになります。

 

add_bzb_meta_tags()

 

動作確認をする

メタタグボックスは、投稿タイプへの追加ができれば、あとはもともと定義されているプログラムによってメタ情報の登録と適用が自動で成されます。

 

動作確認として、カスタム投稿タイプの入力欄にメタタグボックスが表示されること、そしてメタタグボックスに入力した内容が反映されることを確認しましょう。

 

合わせて行いたいカスタマイズ

合わせて行いたいカスタマイズとして、カスタムタクソノミーページのタイトルとパンくず表示を実現するための記事を紹介しておきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

おすすめの記事