WordPressの高速化に役立つキャッシュプラグイン「W3 Total Cache」。

 

キャッシュプラグインとは、

「キャッシュ」と呼ばれる一時保存機能を活用することで、 サイト読み込み時の読み込みファイル数を削減し、高速化を実現するものです。

 

キャッシュプラグインは、

サーバースペック、使用テーマ、サイト規模といった各種情報によって設定内容が異なります。

 

ここでは、基本となる設定を紹介しますが、

これによって動作が重くなったり表示が崩れたりする場合は、

設定内容を適切に見直していく必要があります。

 

プラグインインストール

まずはプラグインをインストールしましょう。

プラグインの新規追加から「W3 Total Cache」をインストールします。

 

 

セットアップの総合画面からの設定を行う

まずは、WordPress管理画面サイドメニューの

「Performance」から「General Settings」をクリックしましょう。

 

セットアップの総合画面が表示されるので、

それぞれ次のようにセットアップしていきます。

 

General

プラグイン作成者がおすすめする設定を有効にするかどうか、という部分です。

 

これにチェックを入れれば他の設定が不要になるので、一番設定が楽な方法ではありますが、「プラグイン作成者がぜひ使って欲しいと思っている機能」が全て有効になってしまうため、要らない機能もたくさん有効になってしまいます。

 

最初に述べた通り、サイトの構成状況によって適切な設定内容はバラバラなので、これによってエラーが発生することもあります。

 

有効になっている機能が多い分、競合するリスクは上がります。

このチェックは外しておき、以下の項目を個別に設定するのが望ましいでしょう。

 

Page Cache

ページのキャッシュ機能を有効にするかどうか、という部分です。

これはほぼ全てのサイトに共通して必要となるキャッシュ機能ですので、有効にしておきましょう。

 

Minifty

ソースの最適化を有効にするかどうか、という部分です。

 

WEBサイトは、javascript、CSSと呼ばれるファイルを読み込んだり、ページ内部に埋め込んだりしています。

 

これが適切な位置にない場合は、サイト全体の読み込み時間が遅延します。

ソース最適化のために、有効にしておきましょう。

 

ここで注意しておきたいのが、プラグイン競合です。

「Head Cleaner」プラグインを導入している場合は機能が重複しますので、無効にしておきましょう。

 

Opecode

オペコードのキャッシュを有効にするかどうか、という部分です。

 

オペコードについてはかなり専門的な内容になりますので、今は「WordPressが動くためのおまじない」としておいてください。

 

デフォルト時の設定のままで大丈夫です。

 

Database Cache

データベースのキャッシュ機能を有効にするかどうか、という部分です。

 

WordPressはデータベースと連携して実現されているサイトです。

 

データベースのキャッシュ機能も使うことで、より高速表示が期待できます。

有効にしておきましょう。

 

Object Cache

オブジェクトキャッシュ機能を有効にするか、という部分です。

 

これは、お使いのテーマファイルによっては不具合の原因になりますので、

一旦試しに有効にしてみて何か不具合がおきた場合は無効にする

といった対応をすると良いでしょう。

 

Browser Cache

お使いのブライザのキャッシュ機能を有効にするか、どいう部分です。

 

サイトはブラウザで表示するものなので、ブラウザキャッシュを使うことでより高速表示が期待できます。

有効にしておきましょう。

 

その他

その他、CDNやProxyといった設定項目がありますが、基本の状態では使いません。

 

表示速度をさらに高速化するためには使うこともありますが、その際は設定が複雑かつ繊細なものになりますので、WEB担当者にお願いすると安心でしょう。

 

それぞれのセットアップ画面からの設定を行う

総合画面での設定が終わったら、次は個別の設定を行なっていきます。

 

個別の設定は、サイトの構成環境やサイトのカスタマイズ頻度によって異なります。

 

自分のサイトにとって適切な設定にカスタマイズしていく必要がありますが、

よくわからない場合はWEB担当者にヒアリングしてもらって、適切な設定に変えてもらうと良いでしょう。

 

ページキャッシュ設定

データベースキャッシュ設定

オブジェクトキャッシュ設定

ブラウザキャッシュ設定

おすすめの記事