高いデザイン性と機能性を兼ね備えたTCDのWordPressテーマファイル。

 

 

公式のアップデートに対応しつつ独自のカスタマイズを加えたい場合、
子テーマを作ってデザインをカスタマイズすると良いです。

 

 

しかし、お使いのテーマによっては、
子テーマのスタイルシートがうまく読み込まれないという問題が起きることがあります。

 

 

ここでは、TCDテーマファイルにおいて、
子テーマスタイルシートがうまく読み込まれない場合の解決法を紹介していきます。

 

TCDのテーマファイルは通常「自己所有サイトへの適用に限る」というライセンス規約があります。

カスタマイズは、ライセンス規約の範囲内で行ってください。

 

子テーマのスタイルシートが読み込まれない

TCDのテーマファイルでは、
子テーマを作っても親テーマのスタイルシートが優先されてしまう場合があります。

 

 

これは、ヘッダーで該当するスタイルシートが読み込まれていなかったり、
読み込まれるスタイルシートの順番が誤っていることが原因です。

 

 

読み込みの順番としては、
スタイルシートは後から読み込んだものが一番優先される仕組みとなっていますので、
子テーマのスタイルシート読み込みは、親テーマのスタイルシートよりも後に行うことが必要なのです。

 

親テーマに無いスタイルシートを子テーマで作ったが、反映されない

スタイルシートを新しく作った時は、読み込みの処理を書く必要があります。

 

 

header.phpまたはfunction.phpに、
スタイルシートの読み込み処理が記述されているかどうか、
そして、スペルミスが無いかどうかを確認してください。

 

header.phpに記述する場合

 

function.phpに記述する場合

 

子テーマのresponsive.cssが反映されない

TCDテーマファイルでは、
レスポンシブ用の「responsive.css」というスタイルシートが存在しています。

 

 

子テーマ上で新しくレスポンシブ用のスタイルシートを作った場合、
その新しいスタイルシートの読み込みも行わなければ、
スマホ版表示がPC版表示として扱われてしまいます。

 

 

読み込みにあたって注意したいのが、読み込みの順番です。

 

 

親テーマの「responsive.css」は、
TCDテーマファイルディレクトリの「functions」ディレクトリ下「head.php」というファイルの中で呼び出しが行われます。

 

 

一方で、子テーマのスタイルシートを読み込む記述はfunction.phpに記述します。

 

 

head.phpとfunction.phpでは、
function.phpが先に読まれますので、
function.phpの中に子テーマのレスポンシブスタイルシートの読み込みを記述しても、
後から読まれる親テーマの「responsive.css」に上書きされてしまします。

 

 

では、どのような読み込み方法が良いか。

 

 

それは、header.phpの「/head」の直前で読み込み処理をかける方法です。

 

 

これなら一番最後に読まれるスタイルシートになりますので、
親テーマの「responsive.css」を上書きする形で読み込むことができます。

 

 

ただし、TCDのテーマカスタマイザーから取得したcss設定よりも、
子テーマのレスポンシブスタイルシートの内容が優先されてしまいますので、その点はご注意ください。

 

header.php

 

子テーマのstyle.cssよりも親テーマのstyle.cssが優先されてしまう場合

子テーマより親テーマのstyle.cssが優先されてしまう現象は、
読み込み順が前後していることが原因です。

 

 

これはTCDテーマファイルの種類によって起きる場合と起きない場合があります。

 

 

起きてしまう場合にも、
焦らず以下のようにfunction.phpを修正することによって正常に適用されます。

 

function.php

 

 

おすすめの記事