ちょっとした備忘録や、
WEBに明るくない方向けに入力補佐を表示して起きたいとき、
HTMLタグ「<div>」や「<br>」といったタグをテキストで表示しておくと便利です。

 

しかし、HTMLタグで使う『<』『>』は、
普通に記述してしまうと、HTMLタグとして認識されてしまうのでテキストとしては表示されなくなってしまいます。

 

HTMLタグを認識させず、
ただのテキストとして表示したい時は、HTML特殊タグを使用しましょう。

 

基本的なHTML特殊タグ

まずは何と言ってもHTMLタグであれば必ず使う、『<』『>』です。

 

入力例

 

表示結果

 

よく使うHTML特殊タグの一覧

 

 

おすすめの記事