WordPressにカスタム投稿タイプを追加したい、けれどfunction.phpにはじめからガリガリ書いていくのが面倒くさい!

 

という方に最適な、

カスタム投稿タイプをテーマファイル内に含める一番簡単な方法をお伝えします。

「Custom Post Type UI」プラグインでカスタム投稿タイプを作る

 

まずは、プラグイン「Custom Post Type UI」をインストールし、カスタム投稿タイプを作りましょう。

 

 

カスタムタクソノミーも使用する場合は作成し、投稿タイプに紐づけておきましょう。

 

 

プラグインでのカスタム投稿タイプ、カスタムタクソノミーの作り方は、

以下のページを参考にしてください。

 

PHPコードを出力する

「Custom Post Type UI」プラグインには、function.phpに貼り付けるためのphpコードの出力機能があります。

 

 

これを利用して、PHPコードを出力しましょう。

 

 

管理画面メニューの「CPT UI」→「Tools」から「Custom Post Type UI Tools」画面を表示し、ページ上部の「コードを取得」タブを選択します。

 

 

現在プラグインで作成されているカスタム投稿タイプとカスタムタクソノミーのphpコードの一覧が表示されますので、これをコピーしましょう。

 

 

プラグインを停止する

「Custom Post Type UI」プラグインは、PHPコードの取得のために使うだけなので、コードをコピーしたら停止しておきましょう。

 

テーマのfunction.phpにコード貼り付ける

先ほどコピーしたコードをテーマファイルのfunction.phpに貼り付けます。

 

 

WordPress管理画面のメニューから「外観」→「テーマの編集」でテーマファイルのファイル一覧が表示されますので、その中からfunction.phpというファイル名を見つけましょう。

 

 

function.phpの任意の場所に、コードを貼り付けたらfunction.phpの変更を保存しましょう。

 

動作確認をする

プラグインを停止した状態でもカスタム投稿タイプ、カスタムタクソノミーが利用できるようになれば、カスタマイズ完了です。

 

プラグインを通さないことにより、サーバー上のPHPプログラムによる負荷が軽減されます。

 

 

 

おすすめの記事