サイトの表示を高速化させたい時、

CDNサービスを使うと効果が期待できます。

 

ここでは、CDNサービスとして有名かつ無料での利用が可能な「CloudFlare」の導入時に行なった手順を備忘録として残していきます。

CDNとは

CDNは、コンテンツ・デリバリー・ネットワーク(Contents Delivery Network)の略称です。

 

 

WEBサイトを表示したり、WEBコンテンツをアップロード・ダウンロードする際に、アクセス元から見て一番距離が近いサーバーを自動で検知し、最適化されたネットワークで配信を行うことによって高速化を実現しています。

 

CloudFlareについて

CloudFlareは、CDNを利用するためのサービスです。

 

 

有料版と無料版がありますが、無料版でも十分な高速化を実現してくれます。

まずは無料版からの導入がおすすめです。

 

CloudFlareの導入手順

CloudFlareのアカウントを作る

 

まずは、CloudFlareのアカウントを作ります。

 

 

以下のページでメールアドレスと希望パスワードを入力し、

Criate Account」でアカウントが生成されます。

 

外部ページCloudFlareのサインアップページ

 

導入するWEBサイトのURLを入力する

 

アカウントができたら、次はサイトの設定をしていきます。

 

 

CloudFlareを導入したいサイトのURLを入力しましょう。

この時、CDNの設定はドメイン単位ごとに行うことに注意しましょう。

 

 

ルートドメインのURLを入力し、

Scan DNS Records」をクリックします。

 

例:https://subdomain.rmtmhome.com→×
  https://rmtmhome.com→○

 

DNDレコードのスキャンを待つ

 

先ほどの画面で「Scan DNS Records」をクリックすると、

入力したドメインが保有しているDNSレコード読み込みが始まります。

 

しばらく待って、読み込みが完了したら「Continue」をクリックします。

 

DNSレコードを確認する

 

表示されたDNSの一覧を確認します。

 

 

ドメインに対して、

読みに行くサーバーのIPアドレスが正しいかどうかを再度確認しておきましょう。

 

 

サーバーのIPアドレスは、

レンタルサーバーの場合はサーバーパネル(サーバーによって名称が異なります)の管理画面から確認することができます。

 

 

また、

レンタルサーバーの管理画面上でサブドメインごとに個別DNS設定を行なっている場合は、それらのDNSレコードは自動で読み取ることができません。

 

読み取れるのは、あくまでドメイン全体に適用されているDNSレコードの一覧です。

 

サブドメイン個別でDNS設定をしている場合は、管理画面などからDNS情報を個別に確認し、CloudFlareに新しいDNSレコードとして追加する必要があります。

 

CloudFlareの契約プランを選択する

 

DNSレコードの設定が完了したら、次は契約プランを選択します。

 

最初は無料プランで良いでしょう。

 

ドメインのDNS設定を変更する

 

最後に、このような画面が表示されます。

 

 

左側に表示されているのが現在ドメインに対して設定されているDNS設定であり、それを右の内容に書き換えるように、という指示になります。

 

ドメインパネルからDNSの変更を行い、「Continue」をクリックしましょう。

 

ステータスを確認する

 

すべての設定が完了すると、このような画面が表示されます。

 

 

ステータスがアクティブになっていれば、正しく設定が完了したということになります。

 

 

DNSの切り替えが反映されるには数時間〜1日程度かかることがあります。

 

切り替えが完了した時間帯にサイトを表示してみて、

問題なく表示されればすべての設定完了となります。

DNSエラーで表示されない時は設定を見直しましょう。

 

 

このような画面が表示される場合には、

うまく情報が設定されていないか、

CloudFlareが変更したDNSの情報を読めなかったことが考えられます。

 

 

今一度設定情報を見直し、問題ないようでしたら「Recheck Nameserver」をクリックしましょう。

 

 

おすすめの記事